ラーメン店やカフェをフランチャイズで開業する

デイサービスについて

デイサービスの現状について

デイサービス(通所介護)は要介護者にとって利便性の高いサービスの一つです。高齢者向けの通所介護以外にも、児童向け、知的障害者向け、身体障害者向けなどのデイサービスがあります。 要介護者を抱える家族にとって24時間、365日ケアを続けるのは現実的には大変です。そこで、デイサービスを利用し、食事や入浴、娯楽といったサービスを外部機関に委託することで、負担を大きく軽減することが可能になりました。 最近、このデイサービス分野にフランチャイズ化の動きが活発化しています。多くの事業体が、フランチャイズ化に乗り出し、系列事業者を増やしています。 福祉事業の関する知識や経験を有しない人が起業する目的で、デイサービスのフランチャイズに加盟することで、現場の経験を積み、ノウハウを取得することができます。

フランチャイズ事業者を慎重に選択する

基本的にフランチャイズ・システムは本部が利益を上げる仕組みになっています。経営や現場のノウハウ、ブランド、広告宣伝などを本部がフランチャイズ加盟者に対して提供することで、比較的簡単に起業できる、というのがフランチャイズシステムの仕組みです。その代り、加盟店は本部にロイヤリティーを支払います。 現在、デイサービスをフランチャイズ化している事業者は多く存在します。介護の専門事業者が経営主体であることがほとんどです。当然、本部の経営方針がフランチャイズ契約の基本に置かれます。 したがって、どの事業者を選ぶか、というのが極めて重要な要素になります。 どこにでもあるようなデイサービスではなく、どうしても行きたくなるようなサービスやプログラムを提供する、という意識を持った事業者が厳しい競争に勝ち残っていくのだと思います。 認知症のような脳のリハビリに重きを置くプログラムや身体のリハビリ、フィットネスが充実したプログラム、常に新鮮で作りたてのレストランのような食事を提供してくれる、など、魅力的なメニューの開発力も問われます。 今後のトレンドを事業者を選ぶ一つの目安にすることもヒントになります。